肌に負担をかけると余計にニキビが悪化するんです

肌に負担をかけると余計にニキビが悪化してしまうので、念のため解説しておきましょう。

 

ニキビが出来たときのクレンジングには、特に注意が必要です。ニキビが出来ている肌に負担をかけると余計にニキビが悪化をして、ニキビがつぶれてそのまま跡に残ったりします。後悔することになるので正しい知識を身に付けて実行することが大事でしょう。

 

まず洗顔料の成分をしっかり見ましょう。合成界面活性剤が入っている洗顔料はNGです。合成界面活性剤の成分は、ラウリス硫酸など、最後に硫酸と表示しているもの、他にはグルタミン酸、硫酸塩、グリシンと書かれている洗顔料はパスした方が良いでしょう。

 

出来たら無香料、無着色の洗顔料を使うのが好ましいです。そういう方が刺激が少なくてニキビ肌に負担をかけないからです。そして、しっかり泡立てます。しっかり泡立てないとニキビ肌に直に洗顔料がついて肌を痛める原因になります。

 

もともとそういう洗顔をしているから大人になってからもニキビが出来ているとも言えます。クレンジングをする時には、お湯でもぬるま湯でもなくて水で洗います。肌への負担が少ないからです。この方法がニキビ肌であるアナタがニキビ洗顔料を使う際のクレンジング方法として最適だと言えます。